妊活

腸活!プロバイオティクスの力で妊活

常在菌は私たちの身体を守り、一方で様々な理由によってバランスを崩すことで病気をもたらします。最近の研究で、子宮内の細菌叢の割合が妊娠に関与することが報告されています。
妊活

赤ちゃんをつくるために元気な精子をつくる

葉酸は、精子の形成に不可欠なDNA合成に関わり、亜鉛との摂取で相乗効果を示します。
妊活

胚盤胞の内部細胞塊(ICM)と栄養外胚葉(TE)のグレードは妊娠率、出生率に関連

胚盤胞のグレードによって妊娠率が変わります。グレードは関係ないとは限りません。2021年に発表された凍結融解単一胚移植を受けた患者を対象とした後ろ向きコホート研究を紹介します。
妊活

7日目胚盤胞VS5日目6日目胚盤胞凍結融解胚移植での着床、妊娠率

受精卵の成長の過程は様々で、成長が遅延する胚盤胞もあります。7日目胚盤胞の着床率、妊娠率、妊娠継続率をまとめたアメリカからの報告を紹介いたします。
妊活

PGT-A正倍数性の胚移植による妊娠、出生率。

PGT-A(Preimplantation genetic testing for aneuploidy)とは受精卵の染色体数を調べる検査す。習慣流産や、ART不成功の方などが対象です。今まで妊娠反応がない方、流産を何度も繰り返す方は、PGT-Aで正常胚があり移植しても、本当に妊娠出産出来るのか心配になると思います。
妊活

男性も精子を鍛えパートナーを妊娠させる力を持つ。

不妊男性の栄養補助食品は妊活カップルに必要。精子は酸化ストレスに特に敏感で、クロマチンの損傷や運動性の低下、アポトーシス(細胞死)の増加に関連します。

妊娠中の痛み止め。お腹の赤ちゃんに奇形など影響は?

消炎鎮痛剤であるアセトアミノフェン(カロナール)は妊娠中広く使用されています。ロキソニンやイブなどのNSAIDsは胎児毒性があり、妊娠後期に胎児の動脈管が収縮するリスクがあります。飲み薬以外にも張り薬や座薬もあります。
妊活

コロナウイルスに感染した妊婦。お腹の赤ちゃんはどうなる?

コロナウイルス(SARS-CoV-2)によって引き起こされる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、全世界に急速に蔓延し不安を引き起こしています。妊婦や胎児への長期的な影響が心配です。ここではどんな影響があるかをお伝えします。
妊活

葉酸は赤ちゃんへのプレゼント。妊娠したいと思った時から飲み始めよう。

葉酸は細胞分裂に必要なDNAとRNAを作りアミノ酸の代謝に関わります。葉酸が欠乏することで、この細胞分裂が阻害され、産まれてくる赤ちゃんに神経管欠損が起こるリスクが高まります。胎児の神経管の形成は妊娠4週前後で閉じるといわれているので、妊娠前からの摂取が推奨されています。
妊活

ビタミンDと妊娠率、出産率、流産率の関係。

ビタミンDは、骨を丈夫にする以外にも役割があり、胎児の胎盤組織の形成や卵子の形成に深く関わりがあり、流産、妊娠率、出産率を上昇させることが分かってきました。体外受精における妊娠とビタミンDに関わる最新の論文を紹介します。
タイトルとURLをコピーしました