妊活

妊活

生殖補助医療を受けている卵巣刺激反応不良女性に対するミオイノシトールの効果

卵子の成長と成熟は、卵胞の微小環境に依存しています。最近の研究では、卵胞液中の高濃度のミオイノシトールが、卵胞の成熟や質の良い排卵のマーカーとして重要な役割を果たしていることもわかってきました。
妊活

精製大豆油で妊娠率上昇の論文

着床不全を経験した女性に、イントラリピッドを静脈注射することで、妊娠率が上昇したという報告をご紹介します。現在、国内で流通する商品はイントラリポスとなります。こちらは大豆油を原料とした脂肪乳化剤で、卵黄レシチンが添加されています。
妊活

成長ホルモンにより体外受精の成績を改善させた

 酸化ストレスは(OS)は卵巣刺激低反応患者(POR)の病態に関与することが示唆されています。成長ホルモンは酸化ストレスを改善することがいくつかの研究で分かってきています。卵子には成長ホルモンに対する受容体が存在します。
妊活

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)女性のCOVID-19感染リスク

COVID-19に感染すると、ほとんどは軽度の症状で治癒しますが、糖尿病など代謝性疾患を持っている場合、重症化するリスクがあることが分かってきています。多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)は女性の代謝疾患で、アンドロゲン過剰、月経異常、多嚢胞性卵巣がみられます。
妊活

早期閉経女性で生理再開、妊娠

日本人の平均的な閉経年齢は50歳前後ですが、初潮直後から39歳とどの年代でも発症します。そのため、月経不順がみられた場合、婦人科などのレディースクリニックで一度診てもらうと良いでしょう。
周産期

妊活中、妊娠中に飲みたいノンカフェインティー

老化の原因は、体内で生成される「フリーラジカル」と呼ばれる毒性化合物と言われています。このフリーラジカルは健康な細胞を攻撃し、その結果老化や免疫力の低下を引き起こします。
妊活

精子精液の質と睡眠(メラトニン)の関係性

ラトニンは脳松果体から分泌され、視床下部にある受容体を介して生体リズムの調整をします。メラトニンには、活性酸素種(ROS)などのフリーラジカルの除去に関連すると言われています。
妊活

痛み止め(NSAIDs)には排卵を抑制する作用がある

間の身体は、痛みや炎症が起こると、痛み物質であるプロスタグランジンが産生されます。プロスタグランジンの合成を阻害することによって、鎮痛作用、抗炎症作用、解熱作用をもたらすのが、鎮痛剤の非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)ですが、排卵も抑制します。
妊活

高脂質食は変性卵を増やし、受精率と胚盤胞達成率を減少させる。

高脂質食は受精率と胚盤胞達成率を減少させるのか。高脂肪食は卵母細胞にストレスを与える可能性があります。マウスを扱った研究では、高脂質食を与えたマウスと対象群で変形性卵の割合、受精率、胚盤胞達成率に違いがありました。
妊活

葉酸サプリメントを比較。おすすめはどの商品?

葉酸はビタミンB群で、赤血球の形成やDNAの合成に必要な成分です。妊娠初期は胎児の細胞増殖が盛んで神経が発達する時期のため、沢山の栄養を必要とします。先天性奇形の神経管閉鎖障害は私たちが葉酸を摂取することで防ぐことができます。
タイトルとURLをコピーしました